大阪府の工場で働きたいあなたへ!工場の派遣会社比較ランキング

派遣会社の選び方

「大阪の人材派遣会社で働く」「工場の派遣会社で働く」など、大きな決断をしたとき、次に大切になることは「どこの派遣会社に勤めるか?」という点。
就職先を選ぶことになるため、人生の大きな岐路に立つことは言うまでもありません。
ということで、ここでは派遣会社の選び方について触れていきます。
正直なところ、人材派遣会社という企業は業務内容は似たり寄ったりになるため、比較が中々難しい世界と言われています。
したがって、ここでしっかりとポイントを押さえて「選択」の後押しができれば幸いです。


■やはり会社規模は大きな選択材料になる

派遣会社の実力は、結局のところ会社規模の大きさになってきます。
例えば、2017年春現在、全国放送でバンバンコマーシャルを流している人材派遣会社(業界最大手とも言われる上場企業)が存在します。
やはりこういった会社を選択していくと、安定して仕事を得ることが可能。
もちろんデメリットもあることは間違いありませんが。
とはいえ、やはり大手であれば大手であるほど、派遣依頼が様々な業界から声が掛かります。
これは大きなアドバンテージになることは言うまでもありません。
結果、会社規模は人材派遣会社を選ぶとき、非常に重要な選択材料になるわけです。

ちなみにですが、零細企業の人材派遣会社は「下請けの下請けの…」となる可能性もあります。
こうなってしまうと、当然、給与は期待できませんし、日本経済が不安定になれば、真っ先に切られてしまうデメリットがあることは理解したいところ。
(反面、自由度が高く気軽に働けるというメリットもありますが)


■営業力が高い会社を選ぶとよい

人材派遣会社は、会社規模が大きいことは非常に大切ですが…実は営業力も非常に重要なポイントになります。
例えば、派遣社員500人在籍している大きめの企業で営業部がたったの3人だとします。
正直なところ、完全なキャパシティオーバーで、決して高い営業力を持っているとは言えません。
結果、先方の派遣先会社との調整が全くできず、あれよあれよのまま、契約終了になってしまったということも。
さらに、次の派遣先も直ぐに決めることもできずに、待ちぼうけで給与を得ることができないという悲惨な状況も考えられます。
したがって、人材派遣会社を選ぶときは、必ず営業部の力加減(在籍人数など)を、チェックしておくとよいでしょう。
実際のところ、なかなか表に出てくる情報ではないため、チェックすることは困難ではありますが…。
面接のときなど、オブラートに包みながら上手く訊き出せる質問を用意しておくとよいかと。
(営業部門も興味がある。御社の営業部の状況を知りたい。的なニュアンスで聞き出せるとよいでしょう)
TOP