大阪府の工場で働きたいあなたへ!工場の派遣会社比較ランキング

人材派遣の今後について

人材派遣に対する世間のイメージは、まだまだ厳しいところがあります。
理由は「将来性が見えない」だったり、「人材派遣の今後が見えない」だったり、大きな不安が取り除けないからです。
やはり大きな不安が取り除けないのであれば、どうしても心配になってしまうのは致し方がないところ。
では、実際のところ、人材派遣の今後はどうなのか?について触れていきます。
ズルいことを言ってしまいますが…未来のことになるため確かなことは言えません。
したがって判断は各々にお任せしますが…知識として持っていても損はないかと思うため、ぜひご一読ください。


■兎にも角にも人手不足で何処の派遣会社も人が欲しい状態

現状、工場の派遣会社、ITの派遣会社、事務の派遣会社など…様々な派遣業界で深刻的な人手不足に悩まされています。
この状況は当分続くと言われています。
ただし社会情勢に大きく左右される業界だということは忘れてはなりません。
過去、大きな不況が何度も訪れていますが、その度に派遣業界は厳しい状況になります。
最近ではリーマン・ショックがありました。
やはり、このとき特定派遣も含め、派遣契約を打ち切られてしまったという話があちこちから聞こえてきたわけです。
しかし、少しでも状況が落ち着けば、直ぐに再契約をするなど、最終的には「人が欲しい」という状況に。
つまり、人材派遣の今後は、良くも悪くも、この状態が長い間続いていくと言えるでしょう。


■法改正が繰り返し行われ可能性もあり右往左往することも

派遣社員として現場で働いている人(特に特定派遣の人)の声の中には「国は派遣の仕組みを全く理解していないため悪法が生まれている」という辛辣なものがあります。
これも一理あるため、正直なところ法改正が繰り返し行われている状況です。
よい方向に向かっていくための必要なことではありますが、あまりにも頻繁に変えられてしまっている部分も。
結果、今後も現場は、この法改正に振り回される可能性があることは否定できません。
(ただし、落ち着いてこればこういったデメリットはなくなるはずです)


■ただし…状況的には「なくなることはない」という世界

ともあれ、派遣業界というのは、ある意味でメーカーなどの「便利屋」的な意味合いを持っています。
そして、メーカーや企業は必ず困ることはあるため、派遣業界に頼ることは多々あるはずです。
「派遣業界は景気に左右されやすく市場規模の変化は多くあるもののなくなることはない」というのが今後の流れと予想されます。
TOP